前へ
次へ

不動産の所有というのは

不動産の所有権というのは登記というものが行われて初めて強く主張できることになります。実際問題として登記がされていない土地とかも意外とあったりはするのですが実際にそこに住んでいる人が事実上、持っているという認識で固定資産税などを支払っているということもあったりします。ですが、あくまで不動産というのは登記をされているからこそその権利を主張するということができるようになっていますから、それはとても大事なことになります。ではそれはどこで行われるのかということですが、法務局になります。法務局が各地にありますのでそこで登録をするということになるわけですがきちんとその土地が自分のものであるという証拠が必要になります。また、土地の売買というのは要するにこの登記が行われることでもありますのでそこで不動産会社などが基本的には購入した人の代行をして行うというのが一般的になっています。ですから一般人はそんなことはしなくてもよいことになります。

Page Top