前へ
次へ

取引の進め方を知っておこう

不動産取引の進め方として、私たち消費者を保護するために、宅建業者は宅地・建物取引の専門である宅地建物取引士を事業所に配置しておかないといけません。事業所が大きい場合には、5人に1人以上が義務化されています。また、売買には媒介契約があり、その種類を知っておきましょう。他の業者に重ねて依頼が可能・不可能という内容により、探す時間に差があります。一般・専任・専属専任があり、自己発見取引ができる・できないことも知っておきましょう。ちなみに、仲介手数料も発生しますが、報酬の上限が決められています。売買価格が400万円を越える金額分で100分の3.24という報酬限度額です。また、不動産取引では「重要事項の説明」が義務化されています。特に中古物件ではインスペクションを実施しているため、実施された結果の説明は重要です。ちなみに、インスペクションは建物の基礎や外壁に生じるひび割れ、雨漏りなどの劣化による瑕疵状況を判定する調査になります。

Page Top